市販のシャンプーやリンスの危険性

多くの人が抱える髪の悩みは、体質や環境、そして毎日のケアが大きく影響する半面、改善の選択肢もいくつかあります。とは言え体質を改善したり、食生活を見直したりするのは、とても大変で覚悟がないとできません。

 

でも、毎日使っているヘアケア商品を見直してみるというのなら、簡単にできそうです。そしてヘアケア商品に関して間違った使い方をしていると、知らなかったでは済まない「薄毛の原因」にもなっていること可能性があるので注意しましょう。

 

市販のシャンプーやリンスの危険な点は、実はその強力な洗浄力です。皆さんは泡立ちがいいほど、きれいに洗えてると思っていませんか?確かにシャンプーのコマーシャルでも、泡立ちが悪いシーンなんて見たことありません。市販のシャンプーのたっぷりの泡立ちは「洗えて」いるのですが、決して頭皮のためにならないということを知っておかなくてはなりません。

 

本来、毛穴からバイ菌が侵入するのを防ぐ役割も担っているのが皮脂です。実は市販のシャンプーの強力な洗浄力は、体に必要な皮脂まですべて洗い流していることもあるのです。体が身を守るための大切な皮脂がなくなったことに体は過剰反応を示し、どんどん皮脂を供給しようとします。

 

これが皮脂の過剰分泌へとつながり、フケ、かゆみ、抜け毛といった症状を発症します。この連鎖を知らずにいると、フケやかゆみはきれいに洗えていない証、とばかりに、今度は日に何度もシャンプーをしてしまうといった、悪循環に陥ってしまい、どんどん症状が悪化してしまいます。

 

育毛シャンプーは、市販のシャンプーやリンスよりもかなり高価ですが、汚れや余分な皮脂だけを洗い流す優しい洗浄力と、潤いを与えて頭皮の環境を整えるという点では、市販シャンプーにはないメリットがあるといえます。