薄毛とは

薄毛とは、髪の毛がなんらかの原因で抜け落ちてしまい、結果的に頭皮が透けるほど薄くなってしまうことのことをいいます。

 

髪の毛には一定の成長サイクルがあり、新しい髪が生える期間である成長期、成長が弱まる期間の休止期、完全に髪の成長が止まって抜け落ちてしまう休止期の3つに分類されます。

 

薄毛の原因としては、このヘアサイクルが何らかの原因によって狂いが生じてしまい、髪の成長が完全に止まってしまい、新しい髪が生えなくなるからです。

 

成長している段階では髪の毛はやわらかく、成長していくに従って硬くなっていくものですが、薄毛の人の場合は髪の毛が成長途中の柔らかい段階で抜け落ちてしまうのです。

 

結果的にだんだんとボリュームもなくなり、髪の密度も薄くなってしまい、頭皮が透けて見える状態、つまり薄毛になってしまうわけです。薄毛になってしまうとやはり見た目が気になり、どうにかして隠したいと思う気持ちも強くなる人も多いことでしょう。

 

そういった気持ちは薄毛になったことがある人なら誰にでもあると思います。もしも薄毛があまりにも目立ち始めたら、解消法と言えばカツラや植毛に頼るしかなくなってきます。

 

そんなコストも高いばかりか、大きなコンプレックスにもなりかねませんので、薄毛にならないようにすることが重要です。もちろん、薄毛の原因が遺伝ということも考えられますが、後天的な薄毛は毎日の生活を気をつけていれば十分に防ぐことは可能です。

 

自分自身で薄毛が心配になったときは、今では専門のクリニックに行って相談することもできるので、一度診察を受けてみるのもいいでしょう。