発毛には水分補給

髪を育てたり発毛させるには、食べ物からとる栄養が必要だといいます。

 

食事がどうしても不規則になったり栄養のバランスがうまくとれないという人は、サプリメントなどを補助に利用してみるのもよいでしょう。

 

ただし、栄養バランスにばかり気を遣っていて、忘れてしまいがちになることもあります。それは、水分の補給です。

 

真夏の暑い盛りに、水分補給を怠って熱中症になってしまうことが問題となっています。発毛のためにも水分は重要な要素になりますから、水分補給はしっかり行うようにしてください。

 

ここでは、なぜ発毛に水分補給が必要なのかについてお話します。

 

血液をサラサラに

 

人間の体は、成人で6割が水分だといわれています。赤ちゃんの場合は8割が水分だといい、脱水症状に陥ると生命に危険すら生じかねません。

 

食べなくても数日間は生きながらえることができても、脱水症状に陥った途端に命が危うくなるのは、人体にいかに水分が必要かという証拠です。

 

水分は血液にも含まれていますから、水分不足になると血液がドロドロになってきます。そのため血行不良になり、髪にもよくない影響を与えます。

 

血液は酸素や栄養を全身に送り届ける役目を果たしていて、上手く流れなくなると発毛を促す土台にもそれらが届きません。

 

これでは、いくら頭皮マッサージなどを行っても無意味になってしまいますね。毎日たくさんの水分をとることで、発毛できる頭皮にしていきましょう。

 

一日にとりたい水分量

 

では、一日にとりたい水分量は、どのくらいなのでしょうか。一説によると、人間が一日に必要とする水分量は2リットルほどだといいます。

 

毎日2リットルの水分を飲もうと思うと結構な負担に感じますが、食事からも水分はとれています。だからこそ、食事は抜かず、水分もたっぷりとることを心がけたいのです。