寝る子は髪が育つ?

育毛したい人には、食生活や生活習慣の改善を試みることが必須です。特に、現代人に多い睡眠不足は、育毛に明らかなダメージを与えます。

 

髪が育たないどころか、発毛しなくなる恐れもあるので、毎日できるだけ時間を作って効果的な睡眠をとるようにしましょう。

 

ここでは、睡眠と育毛の関係についてお話します。

 

成長ホルモンが分泌されるピーク

 

聞いたことがある人もいるかもしれませんが、体の成長を促すホルモンが一日のうちで最大に分泌されるピークの時間帯は、深夜だといわれています。

 

一般的には、夜の22時から翌2時が最も成長ホルモンが分泌される時間帯とされ、この時間に熟睡していることが大切だといいます。

 

大の大人がそんなに早い時間に眠れるかと思うかもしれませんが、この時間さえしっかり眠っておけば、早起きしても大丈夫です。

 

今まで夜遅くに寝ていたのを前倒しして、時間は早起きして作るのも検討してみてはいかがでしょうか。成長ホルモンが分泌される以外にも、睡眠は疲労回復や体の各器官の修復を促してくれます。

 

疲れているときには自然に眠たくなるものですが、いったん眠ると元気が回復しますよね。睡眠するだけで疲れがとれ、ストレスも解消するのですから、これほど育毛のためになる楽な方法はないくらいです。

 

睡眠で気分をリフレッシュ

 

ストレスは、髪にもよくない影響を与えます。ためこんだストレスは、なるべくこまめに解消するのが育毛の秘訣です。

 

とはいえ、なかなかうまくストレス解消できない人もいるでしょう。そんな人は、睡眠でストレスを解消してみませんか?

 

じっくり熟睡するだけで、気分が変わってスッキリするものです。体もエネルギーが回復し、精神面の悩みを身体が応援してくれるのです。何しろ睡眠は無料で出来る健康法ですから、試してみない手はありませんよ。