治療薬で発毛

食事や生活習慣を改善したり、運動を始めたり、頭皮マッサージをするなどのケア方法では、もはや手遅れという状態の人もいるでしょう。

 

あるいは、短期間で発毛したいと切実に思っている人もいるはずです。そんなときは、医療機関で発毛専用の治療薬を処方してもらうという方法もあります。

 

ここでは、治療薬による発毛について、どのくらい効果があるものかお話します。

 

発毛治療薬のプロペシア

 

現在、日本国内でも医師に処方が許されている発毛治療薬に「プロペシア」という薬があります。これはAGAとも呼ばれる男性型脱毛症の治療薬として登場した薬で、他の脱毛症での効果は確認されていません。

 

日本国内では市販されていませんが、個人輸入で海外のショップなどから購入することもできるので、インターネットで輸入代行業者を通じてプロペシアを購入している人もいるかもしれませんね。プロペシアは飲み薬なのですが、一般的に発毛外来では外用薬を併用して処方されることが多いのです。

 

効果には個人差があり、副作用も

 

どんな薬の効果にも個人差があり、プロペシアも特例ではありません。プロペシアは多くの日本人男性の発毛の悩みを改善してきていますが、中にはプロペシアの効果を感じられない人もいます。

 

そんなとき、処方の量を調節したり、外用薬との組み合わせによって発毛治療ができるのが医師の特権です。
プロペシアが効かないからといって、自己判断で薬の量を増やしたりすれば、副作用が大きく出てしまう可能性もあります。

 

気軽に個人輸入ができるようになったからといって、正しい知識を持たないままに薬を乱用するのは危険です。
発毛の治療薬を用いるのであれば、医師の指導の下で適正に利用することをおすすめします。