薄毛の原因

様々あるという薄毛の原因について考えてみましょう。
まず、日々のストレスは薄毛の大きな原因になってしまいます。

 

ストレスを感じることで身体の血行が悪くなってしまい、毛乳頭細胞という髪の毛の根元にある部分に栄養が行き渡らなくなり、最終的には薄毛へとつながってしまうです。

 

さらに薄毛は日常生活のリズムの乱れや食生活が乱れることでも生じるようになります。睡眠不足や野菜不足、それに脂の多い食生活が続くようになると、体に必要なビタミンが不足してしまいます。

 

参考:薄毛対策の食事

 

ビタミンが不足することにより、頭皮に脂が大量に発生し、それが毛穴をふさいでしまいます。そして、皮脂が詰まることで、発毛の力が落ちてしまうために、薄毛になってしまうのです。

 

それから、遺伝的な原因もあると考えられています。男性ホルモンの中にあるジヒドテストステロンが増加することで薄毛になってしまうのです。

 

また、毎日の洗髪を適当にやるなどヘアケアを怠ってしまうことで頭皮の状態を悪化させたり、余計な脂をキレイに取り除けなかったりすることも薄毛の要因となりうるのです。

 

こういうことから考えられることは、頭皮に脂が溜まってしまい毛穴がふさがってしまったり、髪に栄養が届かなかったりすることが薄毛になってしまう原因であるということが考えられます。

 

反対に考えてみると、これらのことをしなければ、薄毛の解消に一歩でも二歩でも近づくことが出来るとも言えます。特に髪の大敵はストレスと言われているので、日々のストレス解消が薄毛を解消するには一番大切なことなのです。