薄毛に効くサプリはコレだ

  • 抜け毛が多くなった
  • ボリュームが減った
  • 髪が細くなった
  • 生え際が後退してきた

 

など、髪の悩みを抱える方におすすめなのが、髪と頭皮に有用成分を届けるサプリになります。薄毛対策として、シャンプー・育毛剤などのヘアケアはもちろんですが、髪や頭皮の状態を作る栄養補給も重要です。

 

髪・頭皮に良い栄養として、ノコギリヤシ・亜鉛・イソフラボンなどが挙げられます。中でも、ノコギリヤシは男性の脱毛の原因とされる5α-リダクターゼの働きを抑制する作用があり、薄毛のためにサプリなら必ず補給したい成分です。

 

当サイトは、薄毛に良いサプリとして必要な成分をしっかり配合したものをランキングにまとめています。どうぞ参考にしてください。

 

薄毛サプリランキング!

 

ボストンの特徴

ボストンは、医学雑誌にも掲載された薄毛対策サプリです。4大成分、ノコギリヤシ・亜鉛・イソフラボン・コラーゲンペプチドなど20種類以上の厳選成分を配合。ノコギリヤシは、男性特有の脱毛原因5α-リダクターゼの働きを抑制。亜鉛は毛髪の成長に欠かせない成分。イソフラボンは育毛を促進し、コラーゲンペプチドには薄毛・抜け毛の防止、髪を太くする効果が。薄毛の予防・改善に1日目安3粒。薄毛に悩む人の口コミで広がった実力派サプリです。

価格 6,480円
評価 評価5
備考 ノコギリヤシ・亜鉛・イソフラボン・コラーゲンペプチド

 

チャップアップサプリの特徴

チャップアップサプリは、専門家が推奨するヘアサプリです。専用サロンなどでしか購入できない育毛剤を一般販売。ノコギリヤシ・亜鉛・フィーバーフューなど18種の成分を配合。抜け毛を防ぐノコギリヤシ、髪を育てる亜鉛、炎症で乱れたヘアサイクルをフィーバーフューが整えます。薄毛を卒業したいなら、1日目安3粒。無添加、無香料も安心。

価格 4,980円
評価 評価4.5
備考 ノコギリヤシ・亜鉛など

 

ダブルインパクトの特徴

ダブルインパクトは、IGF-1で育毛するサプリです。カプサイシンとイソフラボン、Wのパワーで血行改善。毛母細胞を増やすために必要なIGF-1を増加させて育毛します。1日目安、カプサイシン6粒、イソフラボン3粒。ヘアサイクルにより、約3〜6ヶ月で変化が。シンプルセットは、カプサイシンとイソフラボンの各1本セット約1ヶ月分です。

価格 5,400円
評価 評価4
備考 カプサイシン・イソフラボンなど

 

フェルサの特徴

フェルサは、残っている可能性を育てる薄毛対策サプリです。今あるものを大事に育てることに着目して作られました。抜け毛を防ぐノコギリヤシエキス、髪の栄養となるミレットエキスを配合。そのほか亜鉛やビタミンなどサポート成分を配合しています。ヘアサイクルを整え、太く、強く、コシのある髪を育ててくれます。1日目安2粒。医薬品で生えた髪の維持にも。

価格 6,200円
評価 評価3.5
備考 ノコギリヤシエキス・ミレットエキス

 

メンズミレットの特徴

メンズミレットは、ドリンクタイプの薄毛対策サプリです。頭皮の状態を良くして、髪が育ちやすくすることを考えて作られています。栄養豊富なミレット、良質な髪の元となるコラーゲンを配合。さらに、育毛によい成分もプラスした、男性の薄毛原因を考えた配合です。吸収率のよいドリンクタイプなので、1日おちょこ1杯(10〜30ml)でOK。天然成分で安心。

価格 7,200円
評価 評価3
備考 ミレット・コラーゲン

 

薄毛を回復するためには?

 

 

薄毛は回復方法よりも、薄毛にならないための方法、つまり予防方法が大切でより効果を得ることができるとされています。

 

ストレスをなくす

 

まずは、日常生活の中で意識的にストレスを解消し、睡眠時間を十分に確保するなど心身ともに安らぐことが重要です。

 

バランスのとれた栄養補給

 

食生活における栄養のバランスをしっかりととるようにしましょう。これらは基本的なことですが、完璧に行おうと思ったら、実はなかなか出来ないことです。

 

生活リズムを整える

 

しかし、規則正しい生活と心身のリラックスなど基本的な予防法を継続することが、長い目で見ると薄毛を解消することに繋がっていくわけです。

 

特に難しい知識や技術も必要ないため、最も簡単な薄毛の予防法といえるでしょう。そして、もうひとつは毎日のヘアケアに注意することも薄毛の解消につながります。

 

薄毛予防に効くヘアケアのやり方

 

まずはシャンプーの回数ですが、基本的に夜に一日一回洗う、ということを継続しましょう。夜は頭皮の入れ替わりが起こり、同時にホルモンの分泌が最も活発になる時間帯でもあるので、寝る前にシャンプーを行い、無駄な頭皮や過剰な皮脂を取り除くがおすすめとされています。

 

シャンプーの仕方は、多くの人が髪の毛を洗うと思っていますが、実は髪の毛ではなく頭皮を洗うのが正しいシャンプーのやり方です。

 

頭皮をやさしく、つめを立てないようにしてまんべんなく洗うのが上手なシャンプーの方法で、洗い流し際は頭皮にシャンプーの成分が残らないように気をつけましょう。

 

乱れた生活習慣は見直す

 

長年の生活習慣が要因となっている薄毛ですが、乱れた食生活や不規則な睡眠、さらに過剰なストレスが改善できれば、そのうち効果が出てくるものなのですが、生活習慣をガラリと変えるのはなかなか難しいものです。

 

生活習慣の改善を気にしすぎるのも、逆にストレスにもなりかねないので、心と体に無理をせず少しずつ生活スタイルを変えていくことをおすすめします。

 

薄毛対策のために摂りたい発毛・育毛の栄養成分は?

 

 

発毛や育毛のためには、毎日の食生活が重要となります。発毛剤や育毛剤に頼る前に、まずは食生活の見直しから始めてみてはいかがでしょうか。

 

たんぱく質

 

タンパク質はアミノ酸で構成されています。髪の毛の主成分となるメチオニンというアミノ酸は、たんぱく質に含まれています。このアミノ酸は体内で生成することができない成分なので、食品やサプリメントなど体外から摂取しなければなりません。また、たんぱく質は身体を作る基本成分なので、髪の毛だけでなく身体の健康のためにも意識して摂取していきたい成分です。

 

ビタミンB

 

ビタミンBは、たんぱく質を身体の中で利用できる形に作り変える成分です。たんぱく質と一緒に摂取することで発毛や育毛に効果を発揮します。また、ビタミンBの一種であるビタミンB6とB2は皮脂の分泌を抑制する働きがあります。頭皮の脂が原因の髪の毛の悩みを持っている方は積極的に摂取しましょう。

 

ビタミンE

 

ビタミンEは血管を広げ、血流を促進させる働きがあります。血流を促進させることで頭皮へ栄養を行き渡らせ、発毛や育毛をサポートしてくれます。ビタミンCと一緒に摂取することで体内への吸収率が良くなるので、食事の際はビタミンEとビタミンCを一緒に摂取するようにしましょう。

 

亜鉛

 

亜鉛は脱毛を防ぐ成分です。髪の毛の主成分はケラチンというたんぱく質で構成されており、亜鉛が不足するとケラチンの合成ができなくなり、脱毛しやすくなってしまいます。亜鉛は厚生労働省が定める食事摂取基準で上限量が30mgと決まっているので、摂取する際は気を付けるようにしましょう。

更新履歴